水着の種類

色々あって迷ってしまう!多彩な水着の種類

海やリゾート地でのおしゃれの楽しみの一つと言えば、水着ですが、その種類はとても多く、いざ購入しようとすると、悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。
たとえば、一番露出度が高いものの、スタイルをよく見せるデザインを持つ「ビキニ」は、ブラジャー部分とボトムス部分とで上下に分かれているセパレート型で、さらに、セパレート型の中にも、ブラジャー部分の紐を首の後ろで結ぶタイプや、紐がないタイプのものなどもあります。
また、セパレート型の中でもビキニの露出を一部隠し、ブラジャー部分をタンクトップのデザインにしたもので、タンクトップとビキニが合わさったデザインであることからその名が付いた「タンキニ」もあります。
上半身ではなく、下半身の露出を隠したい場合には、「パレオ」と呼ばれる巻きスカートを重ねて着用することも可能です。
また、ボトムス部分が逆三角形の形ではなく、ショートパンツのデザインをしたものもあります。
スクール水着のように上下がつながっていて、露出度の低いタイプであるワンピース型は、昔から長く続くデザインです。
そのほかにも、露出度が一番高く、水着部分の面積が非常に小さい「マイクロビキニ」と呼ばれるタイプもあります。
流行に合わせるだけでなく、自分の好みやスタイルに合ったデザインのものを選ぶと良いでしょう。

夏を楽しむための水着の選び方のポイントとは

夏になるとプールや海に出かける機会が増えて、水着のおしゃれを楽しみたいと思うものです。
いろいろなビーチウェアが販売されていますが、選ぶときにはいくつかのポイントがあります。
まず大切なことは、自分の体型に合ったサイズのものを選ぶということです。
水着は水の中で着用するために、サイズが大きすぎるとウェアの中に空気が入ってしまいます。
反対にサイズが小さすぎると、体が締め付けられて動きにくいでしょう。
またバストのサイズも大切です。
バスト部分が緩い場合は、パットやヌーブラを中に入れるのもひとつの方法ですが、不自然に見えてしまうこともあるので、自分のバストを一番綺麗に見せてくれるサイズのウェアを選ぶと良いでしょう。
パットなどを入れる際には、外れて浮いてこないようにしっかり裏地の奥まで入れるようにして、不安なときは縫い付けてしまうと安心です。
デザインも大胆な三角ビキニタイプなどもありますが、胸に自信のない人はバスト部分に大きなリボンやフリルが付いているものにすると体型をカバーすることができます。
また野外のプールや海辺は非常に紫外線がきついものです。
水着の上に紫外線カット対策としてパーカーやTシャツなどを羽織ると安心です。
ビキニの上からリゾートワンピースを着たりニットの薄手カーディガンを羽織ったりするのも、おしゃれです。

recommend

店長自らが丁寧に下ごしらえした、選りすぐりのホルモン類との相性が抜群です。

大宮 焼肉 個室

東京23区の高級マンション・タワーマンションの情報を随時発信しています。

タワーマンション 東京

首都圏の幼児教室探しと幼児教育情報の総合サイト

幼児教室

2017/8/4 更新